埼玉県立桶川高等学校のページヘようこそ。
 本校は、桶川市、上尾市、伊奈町の要請により、昭和47年に開設された
 全日制普通科男女共学の高等学校です。
 卒業生は埼玉県内のみならず、全国各地で活躍しています。
 現在、各学年8クラス、計24クラスです。
 

お知らせ


2017年度 美術部活動報告

4月:新たに1年生4人が加わりました。

5月:高校生国際美術展(公募展)に挑戦しました。2,3年生は油彩画、アクリル画に挑戦しました。

6月:文化祭の校門アーチの制作のための原案を3年生が話し合い始めました。
   また、文化祭のポスターを2,3年生ペアで制作を始めました。

7・8月:7月に夏合宿に行きました。
   今年は2泊3日で千葉県鵜原海岸へ行きました。初めての海の景色に興奮しました。風がとても強く、天候が荒れ模様でしたが、何とか一人2枚油彩画を描くことができました。波の動きや岩場の様子を描く経験が今までなく、難しかったのですが、 光や雲、海の色がどんどん変化するのを目の当たりに見ることができ、自然の雄大さ を肌で感じることができました。夜の作品講評会もお互いの作品についてアドバイスを言い合ったり、よい部分を伝えたりと盛り上がりました。
 

  文化祭に向けて個人制作を進めました。
   夏休みは午前中は個人制作、午後は校門アーチ制作を行いました。
  校門アーチはベニヤ板8枚分が1面となる正方形が6面あり、それぞれをつなげたイメージで図柄を考えました。美術室の床いっぱいにベニヤ板を広げ、大きなペンキの缶をたくさん並べて色を調合し、部員みんなで描いていくのはとても気持ちよく、充実感があり、楽しいです。夏休みいっぱいかかりますが、文化祭直前にアーチを組立て終わったときは本当にうれしい気持ちです。

9月:文化祭展示を美術室で行いました。ご来校下さり、ご覧いただきまして、どうもありがとうございました。

10・11月:埼玉県高校美術展の出品に向けて個人制作を行いました。
   全員が50号やB1パネルという大きな作品に挑戦しました。時間をかけてじっくりと制作を行いました。埼玉県立近代美術館に埼玉県の高校美術部が一堂に会する機会なので、出品するだけでなく、展覧会を鑑賞するのも本当に楽しく、驚きの連続です。他校の作品を見ることが大変勉強になります。次はこんなことをやってみたい!という制作意欲がわきました。

また、桶川駅の見る見るコーナーに美術部の作品を展示していただきました。

12月:基礎練期間として、石膏デッサンを行い、観察する眼を養いました。
  年間を通して部活動のスタートは人物クロッキーを3ポーズ行っています。部員順番にみんなの前に出 てポーズを取り、短時間でそれを描いています。

1月:5月初旬の高校生国際美術展に向けての作品作りを始めました。今回から50号という大きな作品の出品が許可され、各自で描きたいもの決めて描き始めました。木版画にも挑戦する生徒もいます。

 

検索はこちら

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。
アクセス数130121